大きな煙突が目印!

文京区大塚にある大黒湯は昭和24年に始まりました。昔はお風呂がない家も多かったので、たくさんの人が銭湯を利用していました。現在の利用者は高齢者が多いそうです。大黒湯のお湯は井戸の水を使っていて天然水100%です。もしも薪で焚いたら、薪は1週間でトラック1台分になるそうです。目印の煙突は23mもあります。

大黒湯では普通のお風呂の他に「りんご湯」や「チョコレート湯」「ひな祭り湯」など特別な湯があり、お客さんが楽しめる工夫がされています。また、毎月第2・第4日曜日は、文京区民は大人100円・小学生以下無料で入れるそうです。中は広く、たくさんの人が一度にお湯を流すため、お風呂の床全体が斜めになっていて、使ったお湯が流れやすいようになっています。

また、人がお風呂の中で倒れた時などに人を運ぶためのタンカがありました。折りたたむととても小さいサイズになり、驚きました。

他にはお風呂を出てから髪の毛を乾かす機械がありました。頭をすっぽりと入れて乾かすことができます。

ゆったり入れる銭湯!

大黒湯はレトロな雰囲気があり、ほっとする感じがします。また銭湯の方もとても優しかったです。現在は各家庭にお風呂がある場合が多く、文京区をはじめ他のところでも銭湯の数は減ってきているそうです。でも、銭湯には家のお風呂にはない良さがあります。銭湯は広いため、ゆったり入れます。お風呂上がりの牛乳も格別です。ぼくは銭湯が好きなので、まだまだ残り続けていてほしいです。

 

取材/大生・陽央・健人・彬智・望伯 文/望伯 イラスト/望伯

 

大黒湯

文京区大塚3-8-6

☎ 03-3941-5826

営業時間 15:30〜24:00

定休日 月曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です