千川通り沿いの洋菓子専門店

パティスリーヒヤマは、千川通り沿いにある、焼き菓子を中心とした洋菓子屋さんです。ケーキの表面をイメージしたお店の外壁の窓が小さくしてあるのは、外から入る光を少なくしてお菓子の状態をよく保つためだと教えてもらいました。甘くていい匂いがするお店の中のケースや棚にはたくさんの種類の洋菓子があって、おすすめは「極みスフレチーズ」です。

 

パワフルな樋山さん

洋菓子は、お店の奥にある、専門の器具がたくさん置かれているキッチンで作られています。中でも大きかったのはオーブンです。ドイツから船で3ヶ月もかけて運ばれてきたもので「極みスフレチーズ」がふわふわに焼けて優しい柔らかさになるのも、このオーブンに秘密があるそうです。

ほかにも、生地をなめらかに混ぜるミキサーやケーキをカットする長くて薄い包丁など、家では見たことのないような器具がたくさんありました。包丁は鋼で作られているものもあるそうで、日本刀と同じ素材だなと思って驚きました。

お菓子を作る材料もたくさんありました。普段小さな箱に入っているクリームチーズも、10キロ入りの大きな袋に入っていて、重くて持つことができないくらいでした。でも、樋山さんは軽々と持っていて驚きました。たくさんの材料を運んだり混ぜたりするので、力が必要だそうです。樋山さんの腕はすごく太くてみんなでぶら下がっても平気でした。

もう一度食べた〜い♪

ファイル6冊分の洋菓子のレシピも見せてもらって、そんな大切なものを見せてもらっていいのかなと思いましたが、美味しく作るための秘訣は樋山さんの頭の中に入っているので大丈夫と聞きました。そんな樋山さんは、和菓子もケーキも作れるお父さんの影響で洋菓子屋さんになったそうです。

これからは、もっとたくさんの人に美味しいお菓子を食べてもらえる様にお店を増やしたり、和菓子の世界に挑戦したりしたいそうです。樋山さんのつくる和菓子も食べてみたいと思いました。ふわふわの「極みスフレチーズ」もう一度食べたいです!

 

取材/大生・陽央・健人・彬智・望伯 文/陽央

パティスリー ヒヤマ

文京区大塚4-1-11

☎ 03-3945-3585

営業時間 10:00~19:00

定休日 不定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です