お店の名前の由来

みなさんは、コクリコという洋食店をご存じですか?

このレストランは今からちょうど40年前の1977年に開業しました。当時は現店長のお母さんが、洋食店ではなく喫茶店を開いていました。お店の名前、コクリコはお母さんが付けたそうです。お母さんはお花が好きで、特にヒナゲシという花が好きでした。ヒナゲシの花はフランス語で「コクリコ」と言うので店名にしました。

 

喫茶店から洋食店へ

喫茶店から洋食店に変わったのは、今の店長さんに引き継いだ後でした。最初は、喫茶店としてコーヒーや紅茶、サンドイッチなどを提供していたのですが、お客さんから「お昼ごはんが食べたい」というリクエストが出されました。最初はビーフを出して、その次にはピラフといろいろなアイディアが出てきました。こうして今は主にカレーとスパゲッティを提供する洋食店となったわけです。

 

偶然できた奇跡のカレー

自家製ピザやデザートのケーキもあります。店長さんのおすすめメニューは「半熟卵の焼きカレー」です。このカレーはお店で残った料理にチーズをのせて焼いてみたら、とてもおいしかったのでメニューに取り入れたそうです。パエリア鍋で焼かれたカレーはスパイスが効いていて、真ん中の半熟卵を混ぜるとマイルドな味わいになります。ボリュームたっぷりで、でもおいしくてペロッと食べられます。

オシャレな店内です

また、お店の中がとてもオシャレです。ドアを開くといろいろなアンティークや絵や写真がキレイに飾られていました。私がおもしろくてステキだなと思ったのは、大きな額に入れて壁にかけられていたコースターでした。そのコースターは、バーを開いている店長さんの友人にもらったそうです。他にも友人からもらった物がいろいろありました。みなさんもぜひコクリコに行ってみてください!

取材/真理・有香・のぞみ・るね・絢帆 文/真理 イラスト/真里・有香

 

洋食店 コクリコ

文京区大塚1−10−14 音羽フジハイム 1F

☎ 03-3945-6761

営業時間 月〜金・11時~14時半 18時~21時(LO 20時半) 土・ 11時~14時

定休日 日曜日・祝日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です