たいやきとおせんべい

8月30日、この日は江戸川橋地蔵通り商店街へ。護国寺駅の近くにある元気な商店街です。

お地蔵さまの前に集合して歩きだしたところ、商店街の放送が流れ始めます。

「今日はお子さんたちが商店街の取材に来てくれているみたいです!皆さん頑張ってきてくださいね!」

ん?どこから見てくださっているのでしょうか(笑)

商店会の方にも応援していただき、浪花家さんへ向かいます。

 

たいやきの浪花家さんでは、昔ながらの一本焼き。

本日初めて取材に参加する子もいて、少し緊張気味の子ども達。さらに、夏の店内はとても暑く、お客さんも5分も店内にはいられないとのこと。子ども達も外に出たり中に戻ったりと休憩を挟みつつ、汗をたくさんかきながら質問を投げかけていました。

最後に美味しいたいやきをみんなでいただき、何十年も続く味を楽しむ1コマも。浪花家さんの苦労とたいやきへの想いを肌で感じる取材となりました。

 

続いては、おせんべい屋の喜作さんへ。

今日の取材にも慣れてきたようで、子ども達みんなしっかりとインタビュー!こだわりの味付け、製法について様々な質問が飛び交います。店長の千島さんも、わかりやすく説明していただきました。

さらに、喜作さんでも焼き立てのおせんべいをバリッ。大変美味しく、夢中でいただきました。おせんべいのあまりの美味しさに、思わず二度見する様子も!!

取材の終わりごろには、みんな食い気味にご主人の話に耳を傾けてました。

都内の中の人間味あふれる商店街で、優しい店主さんたちに出会いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です